部活 日焼けしない方法 中学生

中学生や高校生が部活で日焼けしない方法とは

中学生の運動部の日焼け対策

中学生になったら部活に入りたい、陸上部やテニス部など小学校6年生の時から帰りたい部活があってとても楽しみにしている人も多いでしょう。

 

中には県大会や全国大会に出場する実力のある学生さんもいます。
ところで5月から6月になって問題になってくるのが日焼けです。

 

中学生の部活の時間はとても長く5月から9月の間徹底的に日焼けをしてしまいます。

 

男子生徒でも女子生徒でも過度に日焼けをするのは良くありません。中学生の部活ではどんな日焼けのトラブルがあるのか見ていきます。

 

  1. 日焼け止めクリームが使えない
  2. 汗をたくさんかいて日焼け止めが落ちる
  3. 外にいる時間が長い

 

日焼け止めクリームが使えない

中学生の運動部の日焼け対策

中学校なると急に校則が厳しくなります。

 

髪の長さや眉毛の長さ、もちものや服装などが厳しく規制されるようになります。

 

その中に入ってしまうのが日焼け止め。化粧品と同じような扱いを受け日焼け止めを塗ってはいけない塗っていると、ばれた時に大変なことになるといったトラブルがあります。

 

焼け対策は本当は大切な事なのですが、まだ理解がないので日焼け止めが公に塗れないところがとても多いです。

 

汗で日焼け止めが落ちる

とはいっても朝強い日焼け止めを塗っていって学校に行けば少しは日焼けクリームの効果を得ることができるでしょう。

 

例えばアネッサなどウォータープルーフの耐水性のあるものであれば肌にはあまり良くありませんが、かなり効果が長続きします。
しかしやはり部活動となると話は別
午前中は午後の授業ではいいですが、部活動で思いっきり活動して汗をかくと日焼け止めウォータープルーフのものであってもやはり効果がかなり落ちてしまいます。

 

そこで塗り治せないというデメリットもありなかなか日焼け止め者の対策が厳しいです。

 

運動している時間が長い

中学生の運動部の日焼け対策

部活の長時間化が問題になっていますが、日焼けをする上でも問題でしょう。

 

まず平日では放課後の4時から5時から夕方の8時ぐらいまで夜が暗くなるまで部活動があります。

 

陸上部やテニス部など外で部活をする場合は日焼けをする時間が3時間にお時間にもなってしまいます。

 

そして土日はもっと時間が長く朝から日が暮れるまでずっと外にいるということも少なくありません。

 

そうなるとサンタンやサンバーン起こして黒くなったり赤くなったりヒリヒリしたり場合によっては皮がむけてくるようなこともあります。

 

中学生・高校生におすすめな飲む日焼け止め

部活(運動部)で日焼けしない方法!飲む日焼け止めもいい

 

そんな中学生・高校生に紹介したいのが飲むタイプの日焼け止めです。

 

飲むタイプの日焼け止めというのは初めて聞いた方もいるかもしれませんが、名前を聞いたらわかるように塗るタイプではなく飲んで紫外線サポートするためのサプリメントです。

 

どんな仕組みなのか、どんな効果があるのか見ていきましょう。

 

飲む日焼け止めの効果

  1. 肌を日焼けに強くする
  2. 紫外線のアフターケアをする
  3. 将来の美容対策につなげる

 

肌を焼きに強くする

中学生の運動部の日焼け対策

一番大切なのが肌を日焼けに強くするということです。

 

肌を焼きに強くするということは飲む日焼け止めに含まれている成分が体の中から皮膚に浸透していき皮膚のバリア機能を高めるということです。

 

具体的には飲む日焼け止めには抗酸化力の高い物質は含まれています。それは天然のポリフェノールでニュートロックスサンといわれているものやフェーンブロックといわれているものがメインです。

 

このような成分はビタミンCなどと同じように強い抗酸化力があり肌を日焼けに強くすることができます。

 

紫外線のアフターケアをする

中学生の運動部の日焼け対策

2つ目は紫外線のアフターケアに日焼け止めサプリは有効だということです。

 

肌は紫外線が当たると赤くなったり黒くなったりしていろいろなトラブルが生じますが、飲む日焼け止めサプリの成分はそんなアフターケアにも使うことができます。

 

もちろん水で冷やしたり保湿剤を塗ったりするアフターケアも大切なのですが、皮膚の内側から食べ物で改善していくということもとても大切です。飲む日焼け止めにはそんなアフターケアに良い成分が様々に含まれています。

 

将来の美容対策につなげる

中学生の運動部の日焼け対策

誰でも日焼けをしてシミがしわだらけになりたくないと思います。

 

男子生徒であっても50代60代になって中学生が高校生の時の部活で受けた紫外線で肌が黒くなったりしわしわになって年齢より年取って見られるの嫌ではないでしょうか。女子生徒の場合はシミやそばかすができるのとてもショックだと思います。

 

そんな対策ができるのが日焼け止めサプリの成分。日焼け止めサプリには活性酸素をコントロールする効果があり、活性酸素をコントロールすることでシミやシワなどを予防的にブロックしていくことができるのです。

 

運動部の高校生や中学生に日焼け止めサプリがおすすめなポイント

ここまでで飲む日焼け止めの効果、美容対策そして、日焼けのアフターケアそして日焼けに強い肌を作っていくという効果を紹介してきました。

 

もちろん飲む日焼け止めは補助的な役割で日焼け止めを塗らないといけませんが、日焼け止めが塗りづらい中学生や高校生にとっては心強い対策方法になるのではないでしょうか。

 

おすすめの飲む日焼け止めサプリを3種類紹介

以下におすすめの飲む日焼け止めサプリを紹介します。

 

学生であっても親と一緒に購入したりまとめ買いをしたりすることで少しでも安くなるもの、1回だけ試せるもの、そして成分が多く含まれているけど高い者の3つを紹介していますので、参考にしてください。

 

やかないサプリ

7日前から対策をしていくコンセプトの日焼け止め

 

中学生の運動部の日焼け対策

 

サプリやかないサプリは他の日焼け止めサプリメントと少し違って日焼けをしたくない時に7日前から1日1個ずつ摂取することで日焼けをカバーするためのサプリメントです。

 

配合されている成分はやはり日焼けに効果的な成分で、パインセラそしてニュートロックスサンに含まれている成分やヘリオケアに含まれている成分など日焼け止めサプリに含まれている成分を程よく配合しているサプリメントです。

 

このサプリメントの特徴は一回だけ使ってみたいという方でも気軽に使えるというところ。やかないサプリは一袋から3袋自分で購入できる数は選べて1回目の購入の方は2453円と他の日焼け止めサプリより値段が少し安めに設定されています。

 

効果があると感じれば価格の安くなる定期コースに加入することもできます。

 

まずは一回使ってみたい飲む日焼け止めサプリは初めてだという方はこの日焼け止めを選ぶといいかもしれません。

 

やかないサプリのレビュー

 

やかないサプリの公式サイト

 

 

 

ホワイトヴェール

コストパフォーマンスが良くまとめ買いもできる日焼け止め

 

 

ホワイトヴェールはニュートロックスサンという紫外線サポート成分が入っています。

 

この成分は非常に有名な成分で国内で発売されている日焼け止めにはほぼ入っている成分です。それが125mg摂取することができるようになっています。

 

ホワイトヴェールはとても人気の日焼け止めサプリで昨年は一番人気のサプリでした。

 

その理由はコストパフォーマンスが高くて成分がたくさん含まれていることや、まとめて買うと安くなるので親子で対策するのに最適だということが挙げられます。

 

太陽に負けないサプリのレビュー

 

ホワイトヴェールの公式サイト

 

 

 

インナーパラソル

紫外線サポート成分がマックスの量を配合されている

 

中学生の運動部の日焼け対策

 

インナーパラソルはニュートロックスサンという先ほど紹介した日焼け対策の成分がmaxに含まれているサプリメントです。

 

ニュートロックスサンというのは250グラム摂取していくのが一番効果的なのですが、その量が入っています。毎日飲んでいるとだんだんと抵抗力がアップしていきます。

 

ただ三番になっている理由は値段が少し中学生・高校生さんにとっては高いということです。
一回だけ注文すると7560円してしまいまし定期コースでお得に購入しようと思っても5400円とそれほど安くはない値段ですので、学生さんには厳しいかと思って3位にしています。

 

ただ効果は圧倒的成分量が多いため見込めます。

 

部活の時間が長い、夏休みのあいだや夏の部活の時だけでも徹底的に対策したいという方はインナーパラソル使ってみたら良いのではないでしょうか。

 

インナーパラソルの公式サイト

 

 

 

どれか迷ったら

 

どれか迷ってしまった場合は1位のやかないサプリがいいでしょう。
やかないサプリは昨年かなり人気の日焼け止めで、10代の方に人気が高いとのことです。


 

のむ日焼け止めは補助的な対策

飲む日焼け止めはそれだけすればいいというわけではありません。

 

日焼け止めも校則が許す限りは塗った方がいいでしょう。ただ内側から対策することで効果がより高まりますので、運動時間がすごく長いという部活動を頑張っている中学生や高校生におすすめしたいですね。